アレンジが楽しいタープ、スノーピーク「ペンタシールド」を購入

ペンタシールド

久しぶりにアウトドアに目覚めてしまったので、デイキャンプに行くにあたり道具を購入しました。

今回は、スノーピークのペンタシールド、Sutekusのポール、Cheerlyのパラコードの紹介です。

またキャンプに目覚めたきっかけ

昔キャンプにハマっていた時期があったのですが、結婚してからは道具もほとんど処分してしまい、アウトドア熱は冷めていました。

最近、なんとなくyoutubeでお笑い芸人のヒロシのキャンプ動画を見ていたんです。

ヒロシが楽しそうにキャンプしているのを見て忘れていたキャンプの楽しさを思い出した私は、他のキャンパーのこれまた楽しそうな動画を見ていたらいてもたってもいられなくなってしまいました。

こうなったらやるっきゃない!やるっきゃない!!

ということで、まずはデイキャンプからということになり、ヨドバシカメラへタープ(ライトタープ ペンタ シールド STP-381)を買いに行きました。

 

スノーピーク ライトタープ ペンタシールドを選んだ理由

スノーピーク ライトタープ ペンタシールド

昔キャンプをしていた時に5人用くらいのタープとテントを使っていて、設営や片付け・管理が大変だったのでとにかくコンパクトなサイズのものが条件でした。

はじめはモンベルのミニタープにしようと思ったのですが、いろいろ調べているうちにペンタシールドの存在が目に入り、張り方次第でいろいろなスタイルが楽しめてこういうタープも良いなと思うように。

同じような形で価格の安いMotomo 超軽量 タープ ペンタ シールドという商品と迷ったのですが、色(茶色)が気に入ったのとずっと使うことを考えてスノーピークにしました。

昔フェスやソロキャンプ用に使っていた2人用のテント(実質1人用)にはぴったりだけど、いつか買うかもしれない少し大き目のテントと合わせることを考えると少し小さいかなと思いましたが、いろいろ調べてなんとかなるだろうと勢いで購入。

私はものを購入するのに勢いがないとずっと悩んでいつまでたっても購入できないんですよね(笑)。

 

Sutekus テント タープ ウイング 用 アジャスタブル ポール 2本セット

Sutekus ポール

ポールとガイロープはアマゾンで入手。

ポールは150㎝のスノーピーク社製のものを使用するのを推奨していますが、いろいろな張り方ができるように2本入りで1本あたり38㎝×5節で、76㎝(2節継ぎ)・114(3節継ぎ)㎝・152㎝(4節継ぎ)・190㎝(5節継ぎ)の長さにできるお手軽価格の「Sutekus」というブランドのものにしました。

 

Cheerly パラコード 4mm 30m 9芯 

Cheerly パラコード

ガイロープは口コミの多かった「Cheerly」というブランドのパラコードの砂漠カモという色にしました。

とてもしっかりしているロープでした。色は「森林カモ」と迷いましたが、何となくロープは薄い色の方が良いかなと思い「砂漠カモ」にしました。ちなみに今回はいろいろな張り方を試したいのでガイロープを購入しましたが、150㎝程度のポールを使用した基本の張り方なら付属のガイロープで張ることができます。

私が購入したのは自在金具付きですが、パラコードだけでも販売しています。

 

スノーピーク ペンタシールド、Sutekus ポール、Cherrly パラコードを使用した感想

ペンタシールド

スノーピークのテントやタープを使用するのは初めてだったのですが、評判通り生地がしっかりしていて風の強い状況にもかかわらず、なんのトラブルもなく使用することができました。

大人二人の使用で意外に狭く感じませんでした。ただ、陽の向きを考慮して張らなかったせいか日陰が少なかったです。

ポールは190㎝(5本継ぎ)にした状態です。評価が賛否両論でしたので勇気を出して購入してみたのですが大正解でした。

細い割に曲がることもなく、5本つなげた状態でも快適に使えました。タープがかなりの勢いではためいていたのですが、ビクともせず安心感がありましたよ。今回は重量の軽い一人用のタープでの使用ですので、より重い普通サイズ以上のタープだとまた違った結果になるかもしれないですね。

パラコードは、ライターで炙って先を丸めたつもりが使用しているうちにばらけてきていたので、しっかりかつ丁寧に先が大きくならないようにする必要がありました。

 

設置したタープ(ポール2本)

この後、114㎝(3本継ぎ)のポールを後ろに追加しアレンジしてみました。この張り方だとプライベート感はなくなりますが後方が広くなりより快適に過ごせました。

彩湖・道満グリーンパーク

彩湖・道満グリーンパークでペンタの初張り、平日のデイキャンプはゆったり

2018年5月31日

 

むすびに

ペンタシールド、購入してよかったです!撤収するときもサイズが小さいので楽々でした。

コンパクトで丈夫なタープが欲しい方におすすめです。

スノーピーク(snow peak) タープ /R ライトタープ “ペンタ” シールド STP-381 [1人用]

こちらの記事でもペンタシールドのアレンジを掲載しています

平日の巾着田でデイキャンプ、バーベキューと焚き火を楽しんだ

清瀬金山緑地公園横、柳瀬川の河原でバーベキュー

UJack(ユージャック) ワンポールテントを購入、コスパが高く設営も簡単!

ウォーターパーク長瀞のCサイトでリバーサイドキャンプを満喫