【レビュー】ジオ・プロダクト 両手鍋 22㎝ GEO-22T【宮崎製作所】

ジオ・プロダクト 両手鍋 22㎝

少し前にジオ・プロダクトの両手鍋(22㎝)を購入しました。

ジオの鍋は、ポトフ鍋(22㎝)、片手鍋(18㎝)に続き3個目です。

今回はジオ・プロダクト両手鍋(22㎝)を購入した理由や使用した感想等を紹介します。

ジオ・プロダクト 両手鍋 22㎝ GEO-22T

箱

今回もAmazonで購入。

スーパーバイザーの服部幸應氏の名前が刻まれた、インパクトのあるしっかりした箱にジオの鍋は入っています。

 

ジオ・プロダクト 両手鍋 22㎝

ビニールや厚紙で丁寧に保護されています

ジオ 両手鍋 22㎝ GEO-22T

  • 最大幅(取っ手から取っ手まで)31.8㎝
  • 外径23.8㎝
  • 内径22㎝
  • 高さ(フタ含まず)9.5㎝
  • 本体重量:1.29kg
  • 容量:2ℓ
  • 素材・材質:ステンレス・アルミ

 

ジオ・プロダクト 両手鍋 22㎝

新しい鍋ってやっぱり気持ちが良いですね!鏡みたいにピッカピカです!

 

ジオ・プロダクト 品質表示

フタを開けると中に品質表示の紙が入っています。

 

説明書

内側が18-8ステンレス、外側が18-0ステンレスを使用。

7層構造なので、小さい熱量でより早く調理することができます。

 

ジオ・プロダクト 両手鍋 22㎝ 底

鍋底にはgeoの刻印が刻まれています。

 

ジオ・プロダクト 刻印

ドットの入ったgeoの文字がカッコイイです!

 

ジオ・プロダクト 両手鍋 22㎝ 高さ

両手鍋(22㎝)のフタをしない状態の高さは約9.5㎝です。

 

ジオ・プロダクト 両手鍋 22㎝ 最大幅

取ってから取っ手までの長さは約31.8㎝です。

アマゾン等の販売ページのサイズ表記は32.4㎝となっていますが、実際は少し短かかったです。

ジオ・プロダクト 両手鍋 22㎝を購入した理由と使用した感想

今まで使用していた富士ホーローの鍋に年季が入ってきたので新しい鍋を探していました。

以前購入したポトフ鍋(22㎝)と片手鍋(18㎝)の使い心地が良く気に入ったので、新しい鍋もジオ・プロダクトにしました。

ジオ・プロダクト ポトフ鍋と両手鍋

ジオ・プロダクトのポトフ鍋と片手鍋を購入、選んだ理由と使用した感想

2018年5月13日

 

シチュー

以前の鍋は20㎝だったのですが、シチュー等の煮込み料理には少し小さく感じていたので22㎝を選びました。

画像は、お気に入りの創健社のデミグラスソース(1袋)を使用したシチュー6人分を調理中のものです。

ジオの鍋は厚みがあるので、炒めてから煮るまで一つの鍋で済むので便利です。

1,000mlほどの水で調理していますが、以前の鍋と違い容量に余裕があり、かき混ぜるのもらくらくでした。

 

ごはん

玄米ごはん5合

ごはんも5合余裕を持って炊けるので22㎝にして正解でした。

ちなみに、炊いたごはんは冷凍して食べる時は蒸して解凍しています。

 

ごはん

玄米ごはん6合

後日、6合でもいけるかなと思って炊いてみたら・・・。

 

ごはん

玄米ごはん6合

全然大丈夫でした〜。

むすびに

ジオ・プロダクトの鍋は3個目の購入となったわけですが、使い勝手が良く、片手鍋のサイズ違いも欲しくなってしまいました。

品質が良いのにお手頃な価格なので、かなりコスパの良い鍋なのではないかなと思います。