総合格闘技 RIZIN(2017年12月29日)にKINGレイナを観に行った



RIZIN

2017年12月29日、さいたまスーパーアリーナで開催された、「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 2nd ROUND」を観に行きました。

昔、プロレス観戦にハマっていた時期はあったものの総合格闘技(MMA)には全く興味はありませんでした。

しかし夫がいろいろプレゼンしてくるので見てみたら面白くていつの間にかハマってしまいました。なかでもKINGレイナ選手がお気に入りです。

ギャビ・ガルシア選手と神取忍選手の試合(今回は中止になってしまいましたが)や、堀口恭司選手の試合も楽しみにしていました。

ということで今回は、KINGレイナ選手目当てでRIZINを観に行ったお話です。

KINGレイナに注目している夫婦

王冠

 

夫は数多くの選手の中で特にKINGレイナ選手に注目していて、話を聞いているうちに私までファンになってしまったのでした。

夫が駅で彼女が普通に歩いていたのを目撃(いつものKINGフェイスだったらしい、笑)したという話を聞いた時は興奮してしまいました。一目見たかったな〜。

 

KINGレイナ選手の好きなところ

  1. 負けん気が強い。
  2. リングの上で名前を呼ばれた時にするあの顔。
  3. リングの上のトークをがんばっている。
  4. カメラの前では仏頂面なのに、素顔は普通の女子って感じ(youyubeで拝見)でかわいい。
  5. 「誰がギャビを殺るのか?(誰ギャビ)」での神取忍さん、堀田祐美子さん、井上貴子さん、ブル中野さんとの面白い絡み(シーザー会長との絡みも◯)。

 

13時頃にさいたまスーパーアリーナへ到着

さいたまスーパーアリーナ 案内看板

当日は13時半開場、15時開始で、11時から格闘技EXPOを開催していましたが、あまり早く行っても疲れてしまうので13時頃に会場に着くようにしました。

近くの駐車場が空いているか不安だったのですが、調べておいた会場まで徒歩3分の駐車場は半分くらい空いていてホッとしました。

予定通り13時頃会場に到着し、まずは格闘技EXPOをざっと見てみました。アマチュアの選手が試合をしているのを見て、今回の大会への期待が高まります。

夫はきわどい格好のお姉さんたちに釘付けのようでした(笑)。それを軽くスルーしつつ、ある程度見て回ったあとお腹がすいてきたので出店で何か食べようと思ったのですが、心惹かれる食べ物がなく・・・。

外で食べようということになり、ちょっと歩いたら蕎麦屋があったのでそこで温かい蕎麦を食べました。味はまあまあでしたが店内はお客さんで賑わっていました。

ちなみに大晦日の格闘技EXPOの会場に、KINGレイナ選手がいたらしいですね。今回は試合前なので当然ですが、会えなくて残念でした(いくつになってもミーハーです、笑)。

昼食後に試合会場へ

RIZIN

蕎麦で温まったあと、始まるまでまだ少し時間がありましたが、他に見るものがなかったため試合会場へ行くことにしました。

会場へ入る時に、浅倉カンナ選手のご家族に遭遇。芸能人に遭遇したかのようになぜか胸が高鳴りました(笑)

私たちは5000円のA席のチケットを購入したのですが、リングから遠いのかと思ったら、思ったより近かったので大興奮!RIZINは長時間やるので、それでこの価格だったらお得だと思いました。

ただ、今回はギャビ・ガルシアVS神取忍が中止になったのでかなり残念でしたが。

びっくりしたのは会場の上の方の席は解放していないようで、お客さんがいなかったことです。その他の席も開演時間になっても結構空席がありました。

もっとお客さんがいると思っていたので意外でした。

 

初めての総合格闘技 試合観戦

あれこれ談笑しているうちに今回出場する選手が入場してきました。私たちはもちろんKINGレイナ選手に注目です!トレードマークのクマのぬいぐるみを持って、スマホで会場を撮影していたようでした。

今時の若い子らしいですよね〜(おばちゃんかっ!)。

思ったのは、皆さんスポーツウェアが良く似合うこと。体が鍛え上げられているからすごくかっこいいんですよね。私もあんな風になりたい。

あと、なんだかわからないけど感動して、選手が入場してきた時ブオーって鳥肌が立つような感覚がありました。音楽との相乗効果でしょうか。プロレス観戦の時にはない感覚でしたね。

KINGレイナ vs シンディ・ダンドーワの感想

ダンドーワ選手もKINGレイナ選手も柔道がバックボーンにあるのですが、ダンドーワ選手の方が実績があるそうで、試合もダンドーワ選手の方が一枚上手かなと思いました。

計量の時に場違いな感じのとてもかわいらしい衣装で登場したので「何者だよ!?」と思いましたが、すごい選手だったんですね。

試合内容に関しては初心者なので何も語れないですが、私が注目したのは試合終了後です。

判定負けで呆然としているKINGレイナ選手をダンドーワ選手が優しく抱きよせるのですが、KINGレイナ選手は悔しくて早く立ち去りたいといった感じでその場をすぐに離れます。

するとダンドーワ選手はKINGレイナ選手に追いつき左手でKINGレイナ選手の右手を取って健闘をたたえます。その時のダンドーワ選手の顔はとても優しく、とても温かく、なんだかじんわりとしてしまいました。

KINGレイナ選手はとても悔しそうでしたが、今回の負けを糧にしてもっともっと強くなっていって欲しいと思います。

 

ギャビ・ガルシア vs 神取忍(中止)の感想

KINGレイナ選手の試合の次に楽しみにしていたこの試合、ギャビ選手の重量オーバーの理由により当日中止の発表がありました。

50歳以上の神取忍選手が、20歳以上年の離れた体格の良い選手とどういう風に戦うのか楽しみにしていたのでがっかりしました。

ギャビ・ガルシア選手がリングに上がり事態について話し始めると、現場はヤジがすごかったです。体重がオーバーした理由は体調不良によるものだったようですが、私もはじめ「ちゃんと体重落としてこいよ!」て感じで少しだけブーイングしてしまいました。楽しみにしていただけに。

しかし、ひざまづいて謝っているのにデブだのなんだの言われている彼女をだんだん気の毒に思えてきて、途中から静かに見守りました。

また次の機会に両者がベストな状態でやりやりましょうということになりましたが、実現すればいいなあ。30代の歳の取り方と50代の歳の取り方は違うと思うので、やるなら早くやった方がいいと思いました。

どちらの選手も体調を整えてリベンジしてほしいですね。

 

堀口恭司 vs ガブリエル・オリベイラの感想

堀口選手は試合を見る前は全然知らなくて、アメリカで活躍していたというVTRを見て「へ〜こんな選手がいるんだ」と思っていたくらいでした。

スピーディーな動き、軽い身のこなし、力強いパンチで、TKO勝利しました。

観客が今回の試合の中で一番盛り上がっていて、私も一番素晴らしい試合だと思いました。

しかしこの選手、お尻がプリッと上がっていてかっこいい!私も軽くですが筋トレしているので憧れるお尻です。この体になるまで相当鍛えたのでしょうね。

試合後のトークでも楽しくさせてくれて、また見たいなと思う選手でした。